早期回復を目指したスポーツ専門治療

保険適用となるスポーツのケガ

基本的に、スポーツ中のケガは「スポーツ外傷」「スポーツ障害」の2種類に分かれます。その中で、ケガの原因が明確なスポーツ外傷の治療は保険が適用されます。

整形外科や整骨院で治療を受ける際には、ご自身の状態についてしっかり理解しておくと、症状について話すときに何かと役立ちます。

急性的なケガ:スポーツ外傷

  • 骨折・脱臼
  • 靭帯損傷(捻挫)
  • 筋挫傷(筋違い・肉離れ)
  • 突き指・打撲
  • 挫傷(肉離れ)

など、スポーツ中、明らかな外力によって発生したケガは「スポーツ外傷」として分類されます。

  • ぶつかって転んだ
  • ジャンプ着地時に足をひねった
  • プレー中に骨折してしまった

このような状況で起こるケガは、保険を使って治療が可能です。

 

早期対応が早期回復の近道です!

スポーツのケガ|郡山まこと鍼灸整骨院このようなスポーツ外傷による症状に対しては、早めの状況確認と治療が大事です。放置している間に症状は進んでしまうので、痛みを感じたらすぐに対応を考えましょう。

状態によっては骨に異常がないかを調べるためにレントゲン検査を勧めさせて頂くこともあります。その際は、当院が信頼している整形外科をご紹介させて頂きますので、まずは、まこと鍼灸整骨院へご連絡下さい。

また、骨折と脱臼の治療を受ける際には医師の同意書が必要ですが、その場合も初めに当院へご連絡頂いて構いません。応急処置として骨折と脱臼の治療を受ける場合には、医師の同意書なしでも治療できますので、当院で整復させて頂きます。

 

適切な治療と入念なリハビリが大切です

リハビリ|郡山まこと鍼灸整骨院スポーツ外傷による症状から回復するには、適切な治療と入念なリハビリが必要です。再び問題なく患部を動かせる状態にしてからのプレー復帰が、何よりも大事なポイントになります。

ケガが治っていないのにプレーに復帰すると私たちは患部をかばうようにして動かざるを得なくなり、ほかの部分に負担がかかって結果的にさらなケガを引き起こしてしまうケースもあります。焦らず着実な治療計画を守って回復を目指していきましょう。

 

亜急性のスポーツ障害

スポーツ障害|郡山まこと鍼灸整骨院スポーツ障害の原因としては、

  • 繰り返された動作「オーバーユース」
  • ストレスの強くかかる動作「オーバーロード」

以上の2種類があります。

野球肘や野球肩、テニス肘、ジャンパー膝などの症状は繰り返された動作「オーバーユース」によって起こります。「オーバーロード」は頻度こそ少ないものの、大きな負担が特定の部位にかかったことによってあらわれます。こちらは重量挙げの選手などに起こりやすい痛みです。

慢性的な負担による故障:スポーツ障害

スポーツ障害|郡山まこと鍼灸整骨院

  • 野球肘
  • 野球肩
  • テニス肘
  • ジャンパー膝
  • シンスプリント

プレー中に繰り返した動作が原因となって起こるケガは「スポーツ障害」に分類されます。

  • 最近になって痛みが気になりだした
  • 痛みを我慢していたら症状が悪化してしまった
  • 痛みと同時に動かしにくくなってきた
  • 以前にケガした場所が再発してきた

このような症状がありましたら、なるべく早めにご相談ください。

早めに対応しないと手術が必要になるケースも

スポーツ整形|郡山まこと鍼灸整骨院スポーツ外傷と同様に、スポーツ障害も早めの対応が大事です。スポーツ障害を放置しているとプレー復帰が難しくなることはもちろん、手術をしなければならないレベルにまで症状が悪化する場合もあります。そのため、少しでも痛みや違和感が気になるようであれば、早めに当院へご相談ください。

また、スポーツ障害は小さなお子さんになりやすい症状でもあります。成長期に差し掛かる際に発症しやすい症状も多いですが、痛みを我慢して練習を頑張り過ぎてしまうお子さんが多いのも事実です。

当院では、親御さんをはじめ、部活動の顧問の先生方、チームの監督・コーチの方々と相談しながら、治療をおこなって行きます。その子にとって、今、どんな選択肢がベストなのか、治療家である私たちが寄り添いながら症状改善に尽力します。

ご相談の多いお悩み・症状

当院ではスポーツ中のケガの治療に対応し、なかでもオスグッド、シンスプリント、野球肘、野球肩、バレーボール中のケガに対して多数の治療経験があります。これらの症状に該当する方は、是非まこと鍼灸整骨院にご相談ください。

オスグッド

オスグッド|郡山まこと鍼灸整骨院オスグッドとは、膝を曲げたり走ったりするときに、膝下の骨に痛みが走る症状です。また、ジャンプや屈伸運動中に痛みが走る場合もあります。

10歳~15歳の成長期のお子さまに多いとされていますので、保護者の方にご相談させて頂きながら治療させて頂きます。

 

原因

ケガ|郡山まこと鍼灸整骨院ジャンプや屈伸運動による膝への負担から、まわりの骨や靭帯の炎症が起こることが原因だと考えられています。

通常であれば、太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)は骨盤の前から膝の骨を通り、膝下の骨(脛骨粗面)に付着しています。しかし、ランニングやジャンプなどの動きは太ももの筋肉を引っ張るので、それによって膝に痛みが生じます。

特に成長期のお子さまは骨の成長が終わっていないので、スポーツ中、筋肉や骨への負担が大きくなります。オスグッドを治療するには、太ももの筋肉を和らげ患部の炎症を抑える必要があり、1ヶ月から2ヶ月ほどの時間がかかります。

 

シンスプリント

シンスプリント|郡山まこと鍼灸整骨院

脛(すね)に痛みが走る症状のことをシンスプリントといいます。

初期症状ではスポーツ中に鈍い痛みが生じる程度ですみますが、症状が進行すると日常生活でも脛に激し痛みが走るようになります。

原因

シンスプリント|郡山まこと鍼灸整骨院

シンスプリントは別名「脛骨疲労性骨膜炎」と呼ばれ、脛骨とは膝から足首にかけての骨のことを指します。

  • 偏平足
  • 硬い地面などでのランニング
  • 筋肉の柔軟性の低下

などが主な原因として考えられています。

これらの原因によってふくらはぎの筋肉が引っ張られ、それによるストレスで炎症が起き、結果として痛みがあらわれるのです。ランニングやジャンプなどの動作が多いスポーツで起こりやすい症状だと言われています。

シンスプリントは回復までに時間がかかるため、治療中やリハビリ中のプレーは避けたほうが無難です。

 

野球肘

肘関節の内側にある筋肉や骨に炎症が起き、投げるときに患部が痛みます。また、腕が伸びないなどの可動域の制限もあります。

原因

野球肘|郡山まこと鍼灸整骨院膝関節の周辺組織の炎症によって発症する野球肘は、不適切な投球フォームの繰り返しが主な原因だと言われています。通常ではボールを投げるときには手首を曲げる筋肉を使いますが、ここでフォームが正しく定まっていないと肘の内側から手首までの筋肉に負担がかかり、痛みや可動域の制限などが引き起こされます。

軽度の症状では4週間~5週間ほどで治りますが、症状が重い場合には数か月の治療期間が必要になります。さらに、野球肘は再発するリスクが高いので、リハビリと同時に普段の投球フォームを見直すことも大事です。

 

 

野球肩

野球肘|郡山まこと鍼灸整骨院

  • 関節を動かしたときに痛みが生じる「滑液包炎(かつえきほうえん)」
  • 肩の後面が痛むことから、肩を上げられなかったり違和感があったりする「棘上筋腱炎(きょくじょうきんけんえん)」
  • 肩関節から二の腕、肘にかけての痛みや可動域の制限がある「上腕二頭筋腱炎(じょうわんにとうきんけんえん)」

など、野球肩にはさまざまな症状があります。

野球をしているときに痛むことはもちろん、症状の進行につれて普段の生活も厳しくなるケースもあります。

原因

野球肩にはさまざまな症状があるため、その原因も症状によって変わりますが、共通するものは「投球動作中の負担とストレス」です。不適切なフォームや疲れによって患部に負担がかかり、その結果、筋肉や軟部組織の炎症・萎縮、腱の損傷が起こります。

野球中にボールを投げるときは、腕だけでなく全身のバランスが使われています。そのため、野球肩の治療には患部のチェックに加えて全身のバランスを診たうえでの全身体的な施術が必要になります。また、再発防止を目指すためには、普段の投球フォームや姿勢を見直すことも重要ポイントです。

 

バレーボールによるケガ

バレーボール|郡山まこと鍼灸整骨院バレーボールをされている方に頻発する症状として、「ジャンパー膝」があります。正式には「膝蓋靭帯炎」と言われています。スポーツ後に膝裏が痛んだり膝の靭帯が断裂を起こしたりなど、スポーツや日常生活に支障をきたすほどの症状があらわれます。

当院では、バレーボールのケガによる治療実績が豊富なため、患者様にとってより最適な治療法やリハビリ環境を提供できます。

原因

ジャンパー膝はその名の通り、ジャンプによる膝への負担によって起こります。飛び上がるときと着地するときに膝や腰に大きな負担がかかっているためです。負荷のかけすぎが続くと患部がダメージを受け、結果として痛みなどの症状が引き起こされます。特にバレーボールはジャンプをする動きが多いため、比較的ジャンパー膝が起こりやすいと言われています。

これらの症状にお悩みの方は、ぜひ一度当院にご相談ください。患者さま一人ひとりの症状を丁寧に確認し、症状改善とプレー復帰まで親身にサポートさせていただきます。

応急処置の考え方

スポーツ中のケガ、特にスポーツ外傷に対しては、直後の応急処置が何よりも大事です。応急処置をいかに適切に行うかによって、その後の回復状況が大きく左右されます。

「RICE」から「POLICE」へ、時代とともに変わる応急処置の常識

スポーツをされる方はよくご存じのことかと思われますが、基本的に応急処置のポイントといえば、

  • R=Rest(安静)
  • I=Ice(冷却)
  • C=Compression(圧迫)
  • E=Elevation(挙上)

の考え方がメジャーになっていました。

まずは患部を安静にし、冷却して炎症を抑え、圧迫と挙上のポイントを押さえて症状の悪化を防ぐやり方です。このような方法でも応急処置として役立ちますが、治療技術の進化とともに、最近では応急処置への常識が変化してきました。

RICEの法則に加わって、P=Protection(保護)が加わった「PRICE」が登場しました。

過度な安静は回復を遅らせることも…

スポーツ整体|郡山まこと鍼灸整骨院ケガをした後に患部を安静にすることはもちろん大事ですが、過度な安静を求めすぎると可動域が制限され、周辺の筋肉が緊張してしまいます。その結果、ケガをする前には問題なくできていた動作が難しくなるケースがあるので、最近では「どのような状況下においても安静にすることが適しているわけではない」と考えられるようになりました。

もちろん、患部を無理に動かすと症状回復のために望ましくないということから、P=Protection(保護)のポイントにて患部を守る重要性は現在でも維持されています。

 

適度な負荷で回復時期を早められる、という考え方
応急処置

現在では、

  • P=Protection(保護)
  • OL=Optimal Loading(適度な負荷)
  • I=Ice(冷却)
  • C=Compression(圧迫)
  • E=Elevation(挙上)

のポイントを重視する「POLICE」の法則が応急措置の新常識になりつつあります。

とにかく安静を求める R=Rest(安静)が疑問視され、新たに OL=Optimal Loading(適度な負荷) が加わりました。

例えば足首を捻挫した場合、安静を求めて患部を固定しすぎると、症状回復後に可動域の制限が起こるケースがあります。それを避けるためには無理のない範囲で適度な負荷をかけながら患部を動かし、スムーズな症状改善につなげる必要があります。

このような応急処置が適切に行われてこそ、その後の治療が順調に進んでいきます。当院でも応急処置から実際の治療、プレー復帰へのコンディショニングまで丁寧にサポートいたしますので、心当たりのある方はぜひ一度ご相談ください。

ケガの予防とコンディショニング

プレー復帰後の無理は禁物です!

スポーツのケガ|郡山まこと鍼灸整骨院スポーツ外傷・スポーツ障害などのプレー中のケガからスムーズに回復し、問題なくプレーに復帰するためには、適切な自己管理とコンディショニングが必要です。

治療後、症状が楽になると、久しぶりにスポーツができることもあってか、つい気を張って無理な動きをしてしまいがちです。この段階で患部に負担をかけることによってケガや痛みが再発するケースが少なくありません。

そのため、復帰後は無理なプレーを避け、状況を細かく確認しながらスポーツに再度慣れていきましょう。

ケガをしにくい身体づくりを意識しましょう

スポーツのケガ|郡山まこと鍼灸整骨院スポーツとケガは切っても切れない関係にあります。

一度ケガをして復帰できても後になって再発したり、新たな痛みがあらわれてスポーツができなくなったりする可能性は十分にあります。このようなリスクを避けるには、普段からのプレーを見直しつつコンディショニングを徹底し、ケガをしにくい身体づくりを目指す必要があります。

ケガをする以前のフォームや姿勢、練習時間やトレーニング方法に問題がないかなど、ご自分のスポーツ環境を一つひとつ細かく確認していきましょう。睡眠時間や食事など、生活面からの改善が必要な場合もあります。

当院でもこのようなサポートに対応していますので、不明なことがありましたらお気軽にお話しください。

普段スポーツをされない方も、要注意です!

ケガをしにくい身体づくりを意識しましょう

アスリートの方ほど頻繁にスポーツをしないものの、時々好きなスポーツを楽しむという方も、プレー中のケガには十分に気をつけましょう。普段からそれほどスポーツをする習慣がないからこそ、ケガのリスクが高まる場合があります。

スポーツをする前にはしっかりと準備運動を行い、万全な状態を整えましょう。

また、時々スポーツをする方も、痛みや不調が気になったらすぐに当院へご相談ください。普段の生活に支障がないからと放置してしまう方が少なくありませんが、その間に耐えられないレベルにまで症状が進行することがあります。

当院では、スポーツをされる方に対し、原因確認から治療、復帰後のケアまでしっかりとサポートさせていただきます。スポーツのケガにお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

トレーナー活動の経験を生かしたサポートを

トレーナー活動|郡山まこと鍼灸整骨院繰り返しの動作や負担によって起こるスポーツ障害は、普段のスポーツ環境やプレーのスタイルが原因となるケースがほとんどです。そのため、症状の改善を目指すにはその観点から患者様の身体を徹底して検査していく必要があります。

体型や体力に合わせたトレーニング方法やフォーム、練習スタイルなどを見直し、症状が再発しにくい環境を整えていかなければなりません。患者様と私たちトレーナーの二人三脚が何よりも大切です。

 

当院は、バレーボールに励む学生アスリートのトレーナー実績があります。その実績は郡山市内屈指、春高バレーをはじめとするたくさんの大会を、学生の皆さんと一緒に過ごしてきました。

スポーツをする以上、突然のケガや痛みは避けられないものです。だからこそ、適切な対応と再発防止への取り組みを徹底していきます。掛け替えのない青春時代を最高の思い出にできるよう、まこと鍼灸整骨院では、患者様と誠心誠意向き合い、お力添えさせて頂きます。スポーツのケガでお困りの方はぜひ一度ご相談ください。