痛みを我慢している頭痛・顎の痛み

 

痛み止め薬が手放せない頭痛

こんなお悩みはありませんか?

頭痛|郡山まこと鍼灸整骨院
  • 日々、頭痛に悩まされている
  • 吐き気や肩こりと併発した頭痛がある
  • 毎日、眼精疲労にも悩まされている
  • 頭痛薬が手放せない

重く鈍く、時には激しい痛みで私たちを悩ませる頭痛。このような症状でお困りの方は多いと思います。

まこと鍼灸整骨院では、頭痛の原因にアプローチする治療を行なっています。

脳出血や脳腫瘍、くも膜下出血など脳の病気が原因の頭痛を除き、私たちにとって身近な頭痛は「緊張性頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」の3つです。これらの頭痛は慢性的な頭痛として分類されます。

緊張性頭痛

慢性的な頭痛のなかでも最も多いタイプの頭痛です。後頭部から首にかけて締めけられるような、重苦しい痛みを感じます。肩こりや首こりが原因だと考えられています。

片頭痛

頭の片側が痛むタイプの頭痛です。重苦しい痛みを伴う緊張性頭痛とは異なり、「ズキンズキン」とした激しい痛みを感じるようになります。めまいや吐き気などの症状もあらわれるため、仕事や勉強に支障が出るケースもあります。

群発頭痛

目の奥が痛むタイプの頭痛です。緊張性頭痛や片頭痛と比べて発症例が少ないとされていますが、男性における発生率が多いと報告されています。片頭痛と同様にはっきりとした原因がわかっていませんが、アルコールの摂取が痛みを引き起こすとも言われています。

 

頭痛が改善しない理由

頭痛治療|郡山まこと鍼灸整骨院慢性的な頭痛にお悩みの場合、多くの方が頭痛薬を飲んで症状改善を試みるかと思われますが、期待通りの治療効果を得られずに今でも頭痛に苦しまれている方も多いことが現状です。

薬局などで売られている市販薬は一時的な症状緩和には役立ちますが、症状を根本的に改善するものではありません。薬を飲んでも症状が再発してしまう場合は、普段から頭痛の原因になるようなことをしている可能性が考えられます。

そこで、根本原因にアプローチした治療法で頭痛の症状改善を目指す必要があります。緊張性頭痛であれば、筋肉の緊張や血行不良、片頭痛や群発頭痛であれば自律神経やホルモンバランスへのアプローチがポイントになります。

 

当院の治療方法

頭痛治療|郡山まこと鍼灸整骨院当院では頭痛の治療に対し、

  • 痛みの原因を探る診断「SFMA
  • 筋肉の深部にアプローチする「物理療法」「鍼灸治療」
  • 身体のゆがみを整える「姿勢・骨盤矯正」

をご用意しています。

頭痛の原因は、頭だけにあるとは限りません。肩こりや首こりなど、痛みの原因がほかに隠れている場合が多いことから、当院ではまず徹底した検査を行ない原因を明らかにしていきます。

治療に入る際は、まずは疼痛の抑制から。手技・治療機器・鍼灸を使って、痛みの原因となっているであろう筋肉の緊張を緩和していきます。また、頭痛は日常生活をおくる上での姿勢や癖・習慣が原因となっている場合も多いです。骨盤のゆがみ、姿勢のゆがみ、頚椎のゆがみを順番に調整していき、全身のバランスを整えていきます。それによって、痛みが出にくい状態を保つことができるのです。

頭痛持ちの方は、症状改善を諦めていることが非常に多いですが、痛みの軽減や再発防止は、鍼灸治療院でも可能です。ぜひ一度、まこと鍼灸整骨院へご相談下さい。

顎の痛み(顎関節症)

こんなお悩みありませんか?

顎関節症|郡山まこと鍼灸整骨院

  • 口を開けると顎が痛む
  • 口を開けた時にボキボキと音が鳴る
  • 食事中、顎の痛みや違和感がある
  • 口を大きく開けられない

このような症状に心当たりがある場合、「顎関節症(がくかんせつしょう)」の可能性が考えられます。

当院でも顎関節症の治療に対応していますので、症状にお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。

顎関節症とは?

食事中や口を開くときに起こる、顎や顎関節の痛みや違和感を「顎関節症」と言います。20代や30代に多い症状で、患者数が年々増えていることもあり、早めの対応と適切な治療が求められています。

顎の筋肉の機能障害と顎関節の可動域制限が起こる顎関節症は、「顎の痛み」「口を開けられない」「顎を動かすときの違和感」「噛み合わせの違和感」などの症状を伴います。

痛みを感じる方

食事中や口を開けたり閉じたりするとき、顎関節やほほの筋肉、こめかみの周りが痛みます。普通に食事する分であれば問題ないものの、大きなものを食べるときに強い痛みを感じることもあります。

口を大きく開けられないという方

痛みと同時に可動域の制限が起こり、口を大きく開けられなくなります。通常では口には指4本ほど入れられますが、顎関節症になると2本ほどしか入れられなくなります。また、口を開けるときにガクガクと不安定に動くこともあります。

顎を動かすときの違和感

顎を動かしたり、口を開けたりしめたりするときに、「ガクガク」「ざらざら」とこすれるような音がします。安定のなさなどの違和感もあらわれます。

噛み合わせの違和感

顎関節症は顎の筋肉や関節が不安定になるため、噛み合わせの異常があらわれます。それによって頭痛や吐き気などの症状が引き起こされるケースもあります。

顎関節症の原因

顎の痛み|郡山まこと鍼灸整骨院顎関節の直接的な原因は歯ぎしりや食いしばりだと考えられていますが、その背景には「精神的ストレス」「疲れ」「噛み合わせの不調」などがあります。

原因は様々なので、患者様の身体の状態をみながら、どこにアプローチして行くのかを決定していきます。

日常生活による疲れ・ストレス

口の開け閉めを支える「咀嚼筋(そしゃくきん)」は疲れによって緊張し、顎関節症を引き起こします。こうして見ると、日常生活の疲れは顎に大きなダメージを与えていることがわかります。また、日常生活や人間関係によってストレスを感じると、私たちの顎筋肉は緊張します。ストレスと緊張は顎関節症と深い関係があります。

噛み合わせの不調

私たちは食事をするとき、通常であれば上顎と下顎で咀嚼していますが、特定の場所だけを使っていると顎関節のバランスが不安定になり、痛みや違和感などの症状につながっていきます。普段からの噛み合わせの習慣を見直すことが、症状改善のポイントの一つになります。

この噛み合わせの改善を行う場合、あなた自身の姿勢の見直し、普段の癖や習慣の改善が必要不可欠です。各症状・原因の背景に目を向けながら、早い段階での症状改善が必要です。

当院の治療方法

顎関節症治療|郡山まこと鍼灸整骨院顎関節症は、歯科医や口腔外科などに相談し、治療や歯列矯正などを受けるのが一般的です。しかし、顎関節症の原因を作る噛み合わせなどの問題は、身体全体の骨格バランスが起因となることが、医学的にも証明されています。

つまり、全身にアプローチできるまこと鍼灸整骨院では、痛みの軽減はもちろん、痛みの原因を改善させることができるのです。まずは顎関節の周囲の筋緊張をほぐし、口を開けたり閉じたりする筋肉が正常に動くように調していきます。

 

鍼灸治療で肉体的・精神的ストレスの緩和を

顎の痛み|郡山まこと鍼灸整骨院鍼灸治療では、痛みを引き起こしている筋肉一つひとつの緊張を和らげるだけでなく、ほどよい刺激がリラックス効果を生み出します。

日ごろのストレスや疲れによって筋肉がこわばりやすくなっている方には、当院の鍼灸治療をおすすめしています。短時間の施術でも、スッキリとした感覚になり癒し効果も期待できます。

また、鍼灸治療は内臓や自律神経の不調にも働きかけることから、私たち本来が持つ自然治癒力の回復と向上もサポートしてくれます。

顎関節症の原因は筋肉の緊張やストレスである可能性が高いため、根本的な解決を目指すにはこれらの原因を見極める必要があります。当院では患者さま一人ひとりに丁寧に向き合いながら症状改善と再発防止を目指していきますので、顎関節症にお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。